Les ouins-ouins à bord

わんわん、乗ってます

『男は、立ち○ョン』by Manu & Keen'v

先日、Le 6/9で、

こんな曲が、流れました

 

youtu.be

 

タイトルは、

『Nous les hommes, on fait pipi debout』

(男は、立ち○ョン)

歌詞を探しましたが、見つからず。
要約すると、

男なら、立ってしろ
座ってやるなんて、あり得ない

という感じのことを延々と歌ってます・・・・・

 

なんでしょうね

まあ、とにかく、お下品というか、子供っぽい歌なんですが、、、

大好きなんです。私は。

こういうノリ。

 

この曲は、

今年(2017年)のNMA・『Chanson Francophone De L’année』を、

惜しくも逃したKeen'vと、

NRJの人気ラジオDJであるManuの合作曲

この曲が公開されたのは2015年

 

Keen'v(キンヴィ)

http://www.chartsinfrance.net/style/breves/9/photo_1444397770.png

フランスのシンガーソングライター

本名は 「Kevin Bonnet」

1983年1月31日生まれ
出身はフランス北西部に位置するルーアン

メジャーデビューは2008年の『À l’horizontale』
2012年のNMAにおいて、新人賞を受賞
 

代表曲は・・・

『Rien qu'une fois』(ただ、一度だけ)

youtu.be

Keen'V — Wikipédiaより

 

このKeen'vという人は、

多数のヒット曲を持つ、フランスの人気ミュージシャンなのですが、

高校卒業後、ディスコやクラブでDJとして活躍した経験があるからか、

各局のラジオDJ達とも、とても仲が良いみたいです

 

ラジオにゲスト出演した際には

番組DJを相手に、本気とも冗談ともとれる

漫才のようなやりとりを披露

 

また、

冒頭のような曲をノリで作ってしまう、

『遊び心』のある人でもあります

 

今年の夏(2017年)、

歌い出しのフレーズがとても気に入って、

かなり本気で探したのに、なかなか見つからない曲があったんですが、

それも、Keen'vがラジオDJのCauetと作った曲でした

正式に売り出された曲ではなかったので、検索にヒットしなかったのです

 

『Je veux pas aller travailler』(仕事に行きたく、ない)

youtu.be

仕事って気分じゃ、ないわぁ~
どっちかっていうと、ぶらぶらしたいのぉ~ 
ココナッツの木陰っていうんなら、喜んで~♪

という、ギャルの歌声につられて聞いてみたら、
メインはおっさんの愚痴だった、という・・・・・

CauetとKeen'vは、
この他にも何曲か発表しているみたいですね 

 

『フランス』というと、日本では、

おしゃれで洗練された女性的な文化ばかりが取り上げられますが、

個人的には、

『フランスの、お茶目なおっさん達』にも、

ぜひぜひ目を向けていただきたい!!

と、

切に願う次第です。

 

 

   

NMA;Chanson Francophone De L’année 2017

 

先日ご紹介した、

NRJ Music Award(略してNMA)

lesouinsouins.hatenablog.com

 

今年の『Chanson Francophone De L’année』

Amir(アミール)が受賞しましたね

http://image-api.nrj.fr/http/media.nrj.fr%2F436x327%2F2017%2F09%2Famir_4593.jpg?w=455&h=341

「Chanson Francophone De L’année」
年間大賞フランス語部門??とでも訳せば良いでしょうか・・・?
おそらく、この賞がフランス人歌手にとっては最も価値ある賞なのではないかと・・・?

 

対象となったのは、この曲

youtu.be

 

Amir以外にノミネートされていたのは・・・

 

Keen'V(キンヴィ)

youtu.be

 

LARTISTE(ラるティスト)

youtu.be

Lartisteは、大賞のほか、
Révélation Francophone De L'année(新人賞)』にもノミネートされていたのですが、
こちらも賞を逃しました 

 

Louane(ルアンヌ)

youtu.be

Louaneは、こちらの賞は逃しましたが、
『Artiste Féminine Francophone De L'année 』(フランス人女性歌手部門賞?)を受賞しました

 

Soprano(ソプラノ)

youtu.be

Sopranoも、こちらの賞は逃しましたが、
Artiste Masculin Francophone De L’année』(フランス人男性歌手部門賞?)を受賞しました

  

Vianney(ヴィアネィ) 

youtu.be

 

この他の受賞者については

NRJの特設ページで見ることができます

www.nrj.fr

 

ノミネート者を

一気にダイジェストで見ることができる動画もありました!

youtu.be

 

でもって、受賞者をピックアップした動画も・・・

youtu.be

 

NMA当日の映像は、TF1のサイトで配信されているようですが、

アカウントを取らないと見ることができないようです

残念・・・!

www.tf1.fr

 

ところで、

フレンチ・ポップスって、個人的にはかなり好きなんですが

日本には、なかなか入ってこないですねぇ・・・・・

 

ぜひ、聞いてみてくださぁーい!!! 

 

   

Ofenbachの "Katchi"で、『羞恥心を忘れて踊れ!』

 

以前ご紹介したフランスのデュオ・ミュージシャン

『Ofenbach(オフェンバック)』

lesouinsouins.hatenablog.com

 

2017年8月にリリースされた新曲が

"Katchi"(カチ)

youtu.be

 

Manuのアシスタント君は、この"Katchi"が好きすぎて、

セルフ・ミュージック・ビデオを作ってしまったそうです

 

それが、こちら

www.facebook.com

 

この動画をFacebookで公開したところ、

リスナーに大好評!

 

ついには

Ofenbachを巻き込んでの、プロジェクトが立ち上がりました

 

その名も、

"Danse comme si personne ne te regardait !" 
(だれにも見られていないつもりで踊ろう!)

www.facebook.com

 

リスナーは、

『羞恥心を吹き飛ばして、ノリノリで曲を楽しむ姿』

を映像に収めて、投稿

番組側で、集まった映像を編集し、

一本のクリップに仕上げる

という企画です

 

このプロジェクト、

実は今回が2回目。

 

第1回は2015年、

Madconの『Don't Worry』で行われました

 

そしてできあがったクリップが、こちら↓

youtu.be

 

「我こそは!」と思われた、そこの、アナタ!!

こちら↓のページから投稿できますので、ぜひ♪  

http://manu-dans-le-6-9.nrj.fr/actualites/envoyez-nous-votre-video

 

 http://media.nrj.fr/manu69/2017/11/Danse-comme-si-UNE2-750x394.jpg

全仏デビューも、夢じゃない??

 

 

   

NRJ MUSIC AWARDS 2017

 

2017年11月4日、

カンヌにて、『NRJ MUSIC AWARDS 2017』が開催されます

 

www.nrj.fr

 

この『NRJ MUSIC AWARDS』は、

フランスの人気ラジオ局NRJが主催して行う、

おそらくはフランスで最大の『ポップ・ミュージックの祭典』

 

NRJ Music Awards — Wikipédia

NRJミュージック・アワード概要

例年、11月の第一土曜日にカンヌで開催されている、
NRJというフランスのラジオ局が主催する音楽祭

初回は2000年

TF1(フランスのテレビ局) が協賛しており、
生中継でテレビ放送もされている

インターネットやSMS、電話などによる一般投票にて、
フランスまたは海外のアーティストに様々な賞が授与される

 

日本で言うところの

レコード大賞みたいなものでしょうか・・・?

 

コマーシャル性の強いイベントなので、

一部からは批判もあるようですが・・・

NRJとつながりの深い事務所のアーティストや
商業的に押したいアーティストが優遇されるとか・・・

でも、これも、民間企業が開催するイベントであれば、
ある意味当たり前のことじゃないかな、とも思います

 

ノミネートされている顔ぶれを押さえておけば

現在フランスで流行っているアーティストを

知ることができます

www.nrj.fr

今なら、こちらのページ↑で各アーティストの、今年の代表曲が試聴できます♪ 

 

2017年のノミネート曲から

私が気に入っているアーティストをご紹介させていただくと・・・

私チョイスなので、歌詞がフランス語限定デス

 

まずは、Amir(アミール)

ただ、ノミネート曲の「États d'amour」ではなく、

こちらの曲↓

youtu.be

 

ノミネート曲ははっきりしませんが、

Keen'v(キンヴィ)

youtu.be

 

若者に人気のSoprano(ソプラノ) 

youtu.be

 

忘れちゃならない、フレンチ・ラップの『神』 

MC Solaar(エム・セ・ソラー)

youtu.be

ソラーはノミネートリストに名前がないんですが、
確かノミネートされていると言っていたような・・・・・

 

こんなところでしょうか・・・

女性アーティストがいないのは、なぜ・・・?

 

授賞式は今週土曜日!(2017年11月4日)

楽しみです! 

  

http://files.qualifio.com//library/nrj_france/pubs/2017/10/sans_titre_1.jpg?cacheID=171026113503

開催後にはコンピレーション・アルバムも発売されるようです
商魂逞しい・・・!! 

  

   

料理人『Philippe Etchebest(フィリップ・エシュベスト)』

 

お料理好きのLaureがメンバーに加わったからか、

Le6/9では、グルメ系の話題が頻繁に上るようになりました

 

その際、しばしば登場するのが、

『Philippe Etchebest 』

という、名前

 

話の内容から、

メディアで有名な料理人?

というところまでわかったのですが・・・

 

気になったので、調べてみました

 

Philippe Etchebest(フリップ・エシュベスト)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3e/Philippe_Etchebest.png/220px-Philippe_Etchebest.png   Philippe Etchebest en 2015.
1966年12月2日生まれ
出身はフランスの北部、オー=ド=フランス地域圏エーヌ県のソワソン

若かりし頃はボクシングや15人制ラグビー選手として活躍していた
(1986-87のシーズンには15人制ラグビーのフランス選手権にも出場)

料理人としてのキャリアは23歳から
ホテル「メリディアン・パリ」などで修行した

2000年に「Meilleur ouvrier de France(フランス最優秀職人賞)」を受賞
2008年にはミシュランで二つ星を獲得
2012年には「Chevalier de l'ordre national du Mérite(功労勲章の騎士章)」も受勲している  
現在はフランス料理シェフであるとともに、テレビ・タレントとして料理番組に出演している

参考:Philippe Etchebest — Wikipédia

 

と、まあ、このような方でした

 

個人的に、

一般的なフランス人シェフの体格のよさとは

一味違う「ゴツさ」のある方だな、というのが第一印象だったんですが 

ラグビー選手、という話に、なるほど!納得!!です

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BDAHSWDQL._SX364_BO1,204,203,200_.jpg
私がイメージするフレンチ・シェフは、
こんな感じ↑の
しずく型体型・・・
ちなみに、こちらのお写真はフレンチの巨匠アラン・デュカス
 

23歳からの料理人キャリアというのは、

高校入学時に、ほぼ、将来の進路が決まるフランス社会では、

かなり異色の経歴と言っていいと思います

 

けれども、

受賞、受勲、ゴーミョーやミシュランからも評価されている彼の経歴からは、

単に物珍しさからもてはやされている「タレント料理人」では無く、

充分に実力を伴った「フレンチ・シェフ」であることがわかります

 

で、

このフレンチ・シェフ;エシュベストさんが、

なぜにこれほど話題になるのかというと、

彼は、

現在フランスのテレビ局M6で不定期放送中の人気番組、

「Cauchemar en cuisine」にレギュラー出演中で、

その番組内でのはじけぶりが、

とっても、視聴者にウケている、

というのが理由らしい

 

www.6play.fr

 

「Cauchemar en cuisine」(直訳すると「厨房の悪夢」)は

イギリスのChannel 4で放送されていた

 「Ramsay's Kitchen Nightmares」のフランス版で

経営難にあるレストランにエシュベストさんが乗り込んで行って

現場の問題を指摘、解決していく過程を

ドキュメンタリー風のに仕立てたリアリティー番組

 

本家のラムゼイさんもかなり激しい方のようですが・・・・・

ameblo.jp

 

フランス版担当のエシュベストさんも、負けてないです

 

フィリップ・エシュベストの大噴火:トップ5

youtu.be

この他、YouTubeにはエシュベストさんがどなり散らす動画が
山盛り投稿されています・・・・・ 

 

Cauchemar en cuisine (France) — Wikipédiaを見てみると、

番組後に閉店したお店が多数あったり、
(ページ内でマスが赤く塗られているお店がそうです)

番組放送後に亡くなった方もいらっしゃったり、と、
自殺と推測されている、という話)

かなり、ガチなうえに、いわくつき。

 

日本にも似たような番組はあったような気がしますが、

まあふつう、ここまで「いわくつき」となると、

長続きすることはあまりないように思います・・・・・

 

よほど視聴者に愛されているんですね、

エシュベストさん。

 

http://resize1-elle.ladmedia.fr/r/625,,forcex/crop/625,625,center-middle,forcex,ffffff/img/var/plain_site/storage/images/elle-a-table/les-dossiers-de-la-redaction/news-de-la-redaction/gagnez-un-cours-de-cuisine-mets-bieres-avec-philippe-etchebest-et-1664-2861786/51565772-1-fre-FR/Gagnez-un-cours-de-cuisine-mets-bieres-avec-Philippe-Etchebest-et-1664.jpg
笑顔はとってもチャーミング♪ 

 

 

   

Black M ・『Death Note』

 

わたし的「家事におすすめのBGM」が、

Black Mの『Black M - La légende Black ft. Dr. Beriz』

youtu.be

 
ちなみに、「Black M」は
フランス語だと「ブラッケム」に聞こえます

 

本日も、

こちらの曲をバックに、軽快にお掃除をしていたところ、

YouTubeさんが勧めてきたのが、

同じくBlack Mの、こちらの曲↓

youtu.be

 

え??デスノート?????

って、

あの、デスノート??

 

そう、

どうやら、

あの、

デスノート』らしいです。

 

www.rapelite.com

 

Black Mとは、こんな人

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0a/Black_Mesrimes.jpg/260px-Black_Mesrimes.jpg   Black M en 2012.
Black M または、 Black Mesrimes(本名 Alpha Diallo)
1984年12月27日フランス・パリ生まれ
両親はギニア
フランスの歌手でありラッパー
フレンチ・ヒップ・ホップのグループ ”Sexion d'Assaut” のメンバー
参考;
Black M — Wikipédia

 

Black Mの『Death Note』 は、

2017年9月にリリースされた、新曲。

 

歌詞はこちら↓

genius.com

 

歌の歌詞というのは、翻訳するのに相当のセンスを要される上、

ラップなので、

私などが訳すのは「到底無理!!」な感じなのですが・・・

 

歌詞のラスト部分だけなら、なんとかなりそうなので、

ちょっくら、書いてみます

 

 [Refrain]
(リフレイン)
Si j'écris leur blase, ils vont mourrir
もしも、俺が名前を書いたら、奴等は死ぬことになる
Je suis comme Kira, je les baise avec le sourire
俺はキラのように、笑いながら奴等に口づけしてやるぜ
Quand j'entends que c'est la fin, j'me tape un fou rire
「お終いだ」っていうのが聞こえたら、笑いがとまんねぇだろうな
Laisse-moi faire, j'ai le Death Note, Death Note
やりたいように、やらせろよ、俺はデスノートをもってるんだぜ

(以下、繰り返し)
Si j'écris leur blase, ils vont mourrir
Je suis comme Kira, je les baise avec le sourire
Quand j'entends que c'est la fin, j'me tape un fou rire
Laisse-moi faire, j'ai le Death Note, Death Note

Black M – Death Note Lyrics | Genius Lyrics

 

・・・・・

こんな感じでしょうか・・・・・
なんか、違うような気もするけど・・・・・ 

 

リフレインの部分はともかく、

歌詞の主要な部分は、

デスノート」とは、あまり関係が無さそう・・・?
かく言う私も、「デスノート」については、
テレビで映画版を見たことがある、っていう程度なんで、
詳しくはないですが・・・・・ 

 

Clip動画も、

アイテムとしてデスノートを使ってはいるものの、

あまり世界観が生かされていない感じで、

「俺に作らせてくれよっ!!」

と思って見ているデスノート・ファンは多そうで・・・

 

コメント欄を見る限り、

Death Note』 の、曲とClip動画は、

すこぶる評判が悪いです

「俺のデスノートにBlack Mって書いてやる!」的なコメント多数・・・

  

Black M・・・

もっとひょうきんなにーちゃんかと思ってました・・・

 

https://static.rap2tess.fr/2017/09/black-m-death-note-100x70.jpg
「Black Kira」でBlackira(ぶらっきら)だそうで・・・
どうよ、それ

 

 

『Manu dans le 6/9』;2017/2018

 

彼の国、おフランスでは、

ラジオのレギュラー番組ですら、

夏の間は、

夏季休業=バカンス

 

このブログのネタ元である、

『Manu dans le 6/9』(NRJというフランスのラジオ局の朝の番組)

2017年6月30日から8月27日までの約二ヵ月間、お休みしてました

 

そして、始まる新年度。

 

6月末で卒業した紅一点;Oriane(オリアン)の代わりに

新女性メンバーを2人加えて

2017年8月28日から、『Manu dans le 6/9』が再始動!!

 

番組の基本的な部分は変わっていませんが、

新メンバーが加わったことで若干雰囲気が変わりました

 http://media.gettyimages.com/photos/the-team-of-manu-dans-le-69-valentin-chevalier-laure-cohen-many-levy-picture-id850592542?s=612x612

 

そこで、これまで番組内で話題になった情報をまとめつつ、

メンバーのおさらいをしてみます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Manu(マニュ/メインDJ ♂) 

http://media.nrj.fr/manu69/2016/08/MANU-LEVY4990_pp-copie-360x270.jpg

フランスの大人気ラジオ局「NRJ」において
2011年から続く、朝の人気番組『Manu dans le 6/9』のメインDJ

ラジオを中心に活躍するバラエティー系番組司会者

趣味の一つがホームセンター通い
電動工具等の使用説明ビデオを見るのが好きらしい

「足(足首からつま先にかけて)の画像」と「猫」が、大嫌い

「アレ」がちっちゃくて、イくのが速い、という話がしばしば登場する(←自主規制)

既婚、一女の父

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTrDnX_zp2CsGBow0sJGfUSP6gYu5ugwAq7vn9pKFb6DEsBE2LHw
奥様は同業で女優でもあるAlina Schiau

 

Nico du web(ニコ/ウェブ担当♂)

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSihvFYXgelx5kL5WW4xktdMmiyYhzfj2QG-dHZL2in5BNIGRj88A

番組では主に、各種SNSに画像や動画をUPする作業を担当

新年度からは各種オンライン・マーケット・プレイスで販売されている
奇妙な品とそのお値段を、ニコ目線で紹介するコーナーも始まりました

彼の話を聞く限り、割と日本人に近い道徳観念をお持ちのようです
が、やっぱり、フランス人だなぁと妙に納得する面も多々ある・・・

約一年前に入籍した奥さんと二人暮らし
(ちなみに奥様は薬局勤め(薬剤師かな?)

 

Glandu(グランデュ/アシスタントDJ♂)

http://media.nrj.fr/manu69/2016/08/MANU-LEVY5575_pp-copie-360x270.jpg

本名はValintin(ヴァランタン)

「Glandu(グランデュ)」は、Manuが番組内で付けたあだ名
『glandu』は、一般的な辞書には載っていないスラング
『どんぐり(gland)』の話し言葉上の意味「馬鹿、間抜け」から
更に進んだ意味の「お間抜け」を意味すると思われる
ちなみに、彼の母君はこのあだ名に対し、未だに納得していないらしい・・・そりゃそうだ

元は金融系の一般企業で働くエリートサラリーマンだったらしい

番組中9時過ぎごろに『Info de Grandu(グランデュ・ニュース)』と題して、
「聞いた時には”へぇー”と思うが、5分後には忘れてしまう」(マニュ曰く)
トリビア的ニュースを紹介中

飲み会と仮装をこよなく愛すお祭り男

 

Laure(ロール/アシスタントDJ♀)

http://media.nrj.fr/manu69/2016/08/MANU-LEVY5711_pp-copie-360x270.jpg

9月からの新メンバー
プライベートでは以前からManuと友人関係だったらしい

Wikiで紹介されている経歴によると、
NYでダンスや演技の勉強をしたり、興行関係の学校を作ったり、
短編映画を製作したり、歌手としても一躍人気者だったり・・・と
なかなかに多才なお方です

ミュージシャン時代にはKoxie(コクシ)という名前で活躍

youtu.be

ここ最近はラジオを中心に活躍中の様子

プライベートでは一女の母で、
同じく一女の父である彼氏と同棲中
ネットの出会い系サイトで知り合ったらしい

料理とお菓子作り、テレビショッピング、そして実母が大好き

個人的には「オールナイト・ニッポン」時代の中島みゆきさんを彷彿とさせる
豪快な笑い声がツボ

 

Paulette(ポレット/電話受付係)

http://media.nrj.fr/manu69/2017/08/MANU-LEVY5888_pp-copie-360x270.jpg

同じく9月からの新メンバー

番組上はPaulette du standardと呼ばれていますが、
本名はPauline(ポリーヌ)

Standard(スタンダー;直訳すると電話交換台)としてスタジオに入っているが
番組ではフツーにみんなとの会話に入っている
以前の交換係マリオンちゃんは別室でお仕事をしていて
ものすごくたまにしか会話に入れなかった

フランスのラジオは音楽がかかる時間がまとまっていて、
CMコーナーも延々と続くので、その間に電話受付のお仕事をしている様子

Laureの推薦で当番組に加わったとのことですが
他メンバーとは随分毛色の違う天然系ベジタリアンの不思議ちゃん

動物虐待と真剣に戦い、UFO研究会(のようなもの)に参加していて
若干ヒッピーの入った両親による教育の元、
自由で開放的な性生活を送っている様子

機関車並みの音量のいびきが悩みで、
現在は公害並みの足臭を持つ非常にヤキモチ焼きの彼氏と同棲中

夢は人魚になること

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

と、このようなメンバーが集まりました

以上、Manu dans le 6/9 — Wikipédiaと、
番組内からの情報をもとに記載しました
誤報があったらスイマセン・・・

 

こう見ると、

結構皆さんかなり個人的なことを番組で語ってますね・・・

そこまでプライベートをさらして大丈夫か???と、
聞いてるこっちがハラハラすること、しばしば・・・・・

 

で、今回この記事を書くにあたり、色々と調べて、

改めてわかったのが、 

どうやら、新メンバーのLaureとPauletteは

元々、Virgin Radioの朝の番組Virgin Tonicのスタッフだった、

ということ

 

新年度のスタートにあたり、

ヘッドハンティング的な引き抜きでもってNRJの番組に移ってきたらしく、

中々に穏やかならぬ裏事情があった模様・・・・・

 

この件に関するゴシップ記事がこちら↓

tvmag.lefigaro.fr

要約すると、ライバル(であるNRJ)が金に物を言わせて
自分の番組(をやっているVirgin Radio)から人材を引き抜き
競争相手(である自分達)の番組運営に支障をきたそうとしている、という感じの内容

 

フランスでは、まだまだラジオ人口が多い印象で

特に朝の番組は、幅広い年齢層に人気な感じがします

 

それだけに、競争も激しいのでしょうねぇ・・・・・

 

それでもって、Virgin Radioのページを見ていたら、
NRJの夜番組から抜けた
Cauetの番組がVirginでスタートしていた・・・
いろいろ、あるんだね・・・

 

と、まあ、こんな感じのManu dans le 6/9

フランス語や、フランス文化について興味のある方に、

激しくおすすめの、ラジオ番組です!! 

manu-dans-le-6-9.nrj.fr

当ブログは、
この番組をネタ元に、不定期更新していく予定です♪